スポンサードリンク

ナルコレプシーの治療法

ナルコレプシーの原因がまだはっきりとしないため、ナルコレプシーの治療法は確立されていません。しかし、規則正しい生活と薬物治療を継続して行なうことで、ほぼ普通の生活を送ることができるようになります。

ナルコレプシーの薬物治療では、塩酸メチルフェニデート(リタニン)やモダフィニルのような精神刺激薬を使用することで眠気を抑制することができます。また、情動脱力発作、入眠時幻覚、睡眠麻痺などには、クロミプラミン(アナフラニール)、イミプラン(トフラニール)など抗うつ薬により情動脱力発作を抑えることができます。

ナルコレプシー患者が普段の生活で工夫することとしては、昼休み時間などに20分くらいの昼寝をとる習慣をつけることが効果的だといわれています。

ナルコレプシーかどうかを判断するのに、睡眠潜時試験という検査が繰り返し行われます。睡眠潜時試験は日中2時間おきに脳波検査室で横になり、暗くしてから眠るまでの時間の脳波を調べるものです。脳波上で睡眠のパターンが現れるまでの時間が短いほど、眠気が強いと判定され、ナルコレプシーの可能性が高くます。
 
今後、オレキシンの研究がナルコレプシーなどの睡眠障害に対する新規治療薬開発につながることが期待されています。

ナルコレプシーの危険性

ナルコレプシーの危険性はその認知度の低さにあります。多くのナルコレプシー患者は不幸なことにきちんと診断されていないか、ナルコレプシーに気づいていません。

まず、ナルコレプシーを正しく理解して、疑いがあれば速やかに診断を行ない、適切な治療をすることが肝心です。

ナルコレプシーに限らず、日中の眠気は夜間の睡眠が不充分だったり、熟眠出来なかった翌日に普通に起こる現象です。また、退屈感、社会的阻害、身体的拘束やうつ病においても日中の眠気はみられるものです。これらのいろいろな状況があるため、ナルコレプシーに誤った認識を持ってしまったり、ナルコレプシーかどうかの判断を鈍らせます。

しかし、日中に疲労感を覚える、エネルギーが出ない、連日強い眠気に襲われるなど、日常生活に支障が出てくるようなら、それはナルコレプシーを含めた慢性の睡眠異常の病気を疑うことも必要です。

ナルコレプシーの発作に襲われると、抵抗することが出来ずにあっというまに睡眠状態に陥り、30分ぐらいは起きません。ナルコレプシーの発作がテレビを見ている時や、読書をしたりしている時ならいいのですが、歩行中や車の運転中などに突然ナルコレプシーの睡眠発作が起きたら大変なことになります。

ナルコレプシーという病気を持っていて、それに気づいていない人が道路を歩いていたり、クルマを運転することは本人にとっても周りの人にとっても大変危険な行為なので、ナルコレプシーを軽く考えないようにしましょう。

ナルコレプシーの原因

ナルコレプシーの原因はまだはっきりとは明らかにされていませんが、ナルコレプシーは白血球の血液型(HLA)を調べると、ナルコレプシーにかかっている人には特定のタイプが多いため、何らかの体質的要因が発症に関係していることが考えられています。

また、ナルコレプシーの患者は睡眠時無呼吸症候群にかかっている人が多いこともわかっています。しかし、睡眠時無呼吸症候群はナルコレプシーの主症状ではありません。

最近の研究では、オレキシンという脳内物質の低下が、この病気の発症に関わっていることが指摘されています。オレキシンは視床下部から分泌される神経伝達物質で、オレキシン遺伝子を破壊したマウスの実験では、ナルコレプシー症状が現れることが確認されています。また、オレキシン神経細胞を破壊し人為的にナルコレプシーを引き起こしたマウスに対し、オレキシン遺伝子を導入したり、脳内にオレキシンを投与することでナルコレプシー症状が改善されることも確認されています。

ナルコレプシー患者の研究においても視床下部のオレキシンを作る神経細胞が消滅していることが確認されています。ナルコレプシーの90%以上の患者で髄液中のオレキシンが検出されないことも報告されています。

ナルコレプシーは1000〜2000人に1人位の割合で見受けられますが、ナルコレプシーという病気がまだあまり認知されていないため、周囲の誤解を受けやすく、単なる怠け者として見られてしまうこともあるようです。ナルコレプシーの疑いがある人は、専門医の診察を受けて治療しましょう。

ナルコレプシーとは

ナルコレプシーとは、慢性的な睡眠異常のことで睡眠障害の一つです。ナルコレプシーは夜間の睡眠量とは関係なく突然眠り込んでしまう病気です。夜間の睡眠が十分でない場合、翌日の昼間に強い眠気が起きることはよくありますが、ナルコレプシーは極度の眠気が特徴で、日中に強い眠気を感じて眠り込んでしまいます。ナルコレプシーには大きく分けて4つの特徴的な症状があります。

【睡眠発作】
ナルコレプシーは、通常は眠ってしまうことのないような状況で眠ってしまう病気です。例えば食事中や会話中、歩行中、運転中などで、普通の人が食事の後や退屈な時に眠気を催す場合だけではなく、ナルコレプシーは突然発作的に眠り込んでしまいます。この発作的な眠りは通常20〜30分ほどで目が覚めますが、また1〜2時間後に眠気が出現するという再現性があります。

【情動脱力発作】
ナルコレプシーでは、怒り、驚き、喜びなどの強い感情の動きによって、抗重力筋が突然脱力するという発作を引き起こします。これは個人によって起こる回数や脱力状態の程度がバラバラで、人によっては倒れてしまうこともありますが、意識ははっきりとしており、呼吸も通常通りで問題ありません。

【入眠時幻覚】
ナルコレプシーでは、睡眠発作によって睡眠に陥った際、現実感の強い幻覚を見ることがあります。これは寝入り直後に起こる現実感のある幻覚で、多くは不安や恐怖を伴います。入眠時幻覚はナルコレプシー患者のほとんどの人が体験することで、睡眠麻痺と同時に発生することも多いです。

【睡眠麻痺】
ナルコレプシー患者のほとんどが経験する睡眠麻痺ですが、一般的には金縛りと呼ばれるものです。睡眠中に意識はあるが身体が自由に動かないという状況です。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。